リハビリテーション科

疾病や事故により生じた身体機能や精神機能の障害に対し、患者様の全身状態を管理しながら、機能回復訓練を行い、家庭復帰、社会復帰を支援していくのがリハビリテーション医療の役割です。

当院の回復期リハビリテーション病棟においては、脳血管障害や骨折、その他の手術や肺炎などによる長期臥床後の患者様に対し、日常生活に即した訓練を実施しております。医師、看護師、介護士、理学・作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカーなど各専門職がチームを作り、お互いの情報を共有しながら、患者様の治療に役立てていくことを大切にしております。

また、嚥下障害を有する患者様に対しては、嚥下造影による評価を行い、安全に口から摂食できることを目標にしたリハビリテーションアプローチを行っています。

必要性に応じ、外来での通院によるリハビリテーションも行っております。