人工透析

専門治療と社会生活のご支援

人工透析室スタッフの理念

  1. 医療安全に心がける
  2. 質の向上に努力する
  3. 協調性を持って行動する

透析を取り巻く環境は、日々変化しています。
大野中央病院人工透析室では、学会・研修会・勉強会へ参加し、透析技術や業務環境の変化に対応しています。
透析フロアーは、1階の角に面していて“明るい雰囲気”と“開放感のある空間“になっています。
透析ベッドは、チェアーベッドも完備して座位にて透析することも可能です。
スタッフも離職率が低く、育児休暇後職場復帰される方も何人かいます。

スタッフ皆でいろいろな環境整備に取り組んでいます。
  • 来院してよかったと思える透析室
  • 優しい雰囲気の透析室
  • 居心地の良い透析室
  • 笑顔あふれる透析室
  • 医療進歩とともに成長する透析室

外来透析

透析開始時間

午前の部 8:30~
午後の部 11:45~(午前の患者終了後随時)

検査

  • 心電図
  • レントゲン
  • 超音波診断
  • 上・下部内視鏡
  • CT
  • MRI
  • 骨塩定量

院内連携

  • 腎・泌尿器科
  • 整形外科
  • 循環器内科
  • 糖尿病 専門外来 等


スタッフは、看護師、臨床工学技士、看護助手が透析業務を行っていますが、必要に応じてリハビリスタッフ、医療福祉相談員が対応しています。
体重計と透析ソフトが連動して、自動計算にて透析を施行しています。
透析中はバイタルサインを詳細に設定し、個人に合わせた管理をしています。
シャント手術トラブルにも透析担当医師が対応しています。
カテーテルによる透析も対応しています。
透析液清浄化ガイドラインVer.2.01を順守しています。
透析液のクリーン化を図るため、熱湯洗浄システムの施行を行っています。

送迎サービス

自律歩行の方が対象となります。 車椅子の方、介助の必要な方は対象外となります。
自宅玄関から病院玄関までのサービスとなります。 自宅前が駐車困難な場合を除く。
2台で対応していますが時間指定となります。 交通事情により多少前後します。
軽自動車となります。 送迎職員によるワンマンカーとなります。

設備

支援・監視装置

  • 透析支援システム(FutureNet-Ⅱ)
  • 多人数用末端機器(DCS-73:20台、DCS-100NX:2台)

透析機械室

  • 多人数用装置 DAB-E
  • 溶解装置 DAD-30
  • RO装置 MRE-DC nano reverse ososis system

透析液組成測定器

  • Na/K計 Easy Lyte
  • 浸透圧計 OSA-22
  • ET計 トキシノメーター
  • 生菌 37mm Quality Monitor

周辺機器

  • 心電図モニター
  • 除細動器

透析ベッド

  • スケールベッド 2台
  • ベッド 10台
  • チェアーベッド 10台

共用設備など

  • 待合室(血圧計、洗面台、ソファー、テレビ)
  • ロッカー
  • テレビ